改良版!! ジャンプ踏み板(台座なし) 36枚セット(踏み板サイズφ19cm) 捕獲器、アニマルトラップ
改良版!! ジャンプ踏み板(台座なし) 36枚セット(踏み板サイズφ19cm) 捕獲器、アニマルトラップ
ohtawana_2ab36A-5077-9Ox
44,370円 52,200円
改良版!! ジャンプ踏み板(台座なし) 36枚セット(踏み板サイズφ19cm)|ohtawana|02

1.踏み板全体の樹脂量をUPして頑丈になりました!
2.四隅のワイヤー溝下部に突起が出来て、ワイヤーのずれ防止になります!
3.板枠両側に爪楊枝ぴったりの穴で荷重調整が可能です!
4.内板に紛失防止用穴が出来て糸で繋いでおけます!
5.熊生息エリア12cm・15cmにも対応可能(※別途ワイヤー径調整金具が必要)になりました!

【11/4 Mリーグ2021 第2試合結果】佐々木寿人が鮮やかなオーラス逆転勝利!タキヒサVSルミアキはタキヒサの連勝という結果に!

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」19日目が(木)に開催された。

の対戦カード ©ABEMA
解説:  実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果は!

第1試合は滝沢が大トップ!
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:瑠美

南:萩原

西:寿人

北:朝倉

第2試合

東1局、親の瑠美が500オール。次局1本場では萩原から高目三色のリーチが飛んでくるも、瑠美が5800のアガリを決める。これまでのイメージとは違いしっかり仕掛けてのアガリを決めた。

東1局 瑠美 發 500オール ©ABEMA
東1局1本場 萩原 リーチ ©ABEMA
東1局1本場 瑠美の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 朝倉の手牌 ©ABEMA
東1局1本場 瑠美 ダブ東・赤 5800 ©ABEMA

東1局2本場は寿人が萩原との競り合いを制して1000・2000のアガリ。

東1局2本場 寿人 リーチ・ツモ・タンヤオ 1000・2000 ©ABEMA

瑠美に5800の放銃で失点した4着目の朝倉だが、東2局に1000点のアガリで冷静に局を進める。

東2局 朝倉 白 1000 ©ABEMA

東3局も朝倉が自風の

を後付けで仕掛けてテンパイ。萩原が待ちリーチと行くも、親の寿人がドラ暗刻の一向聴からを切って朝倉に放銃。
東3局 寿人の手牌 ©ABEMA
東3局 朝倉 南 1000 ©ABEMA

東4局も萩原がピンフのみで和了し、南入。

東4局 萩原 ピンフ 1000 ©ABEMA

南1局、寿人がドラのカン

待ち先制リーチ。リーチ時は山に3枚あっただったが、萩原が全て吸収していく。
南1局 寿人 リーチ ©ABEMA

技術士第一次試験問題集 平成15~17年度版 CD-ROM

高性能シーラー クリップシーラー 卓上シーラー 卓上インパルスシーラー 商品の梱包 溶着式 インパルスシーラー 8段階に調整 ポリ袋/クラフ
南1局 流局 ©ABEMA

南2局、朝倉がドラを使ったペン

山崎産業 お風呂 お掃除セット Satto 135295
南2局1本場 朝倉 リーチ ©ABEMA
南2局1本場 瑠美 ホンイツ 2000 ©ABEMA

南3局は寿人が山に6枚残り2巡目親リーチも一人テンパイで流局。

南3局1本場は寿人の手にはドラの

が暗刻。カン2sを引き入れてのシャンポン待ちでリーチ。道中日本理化学 ダストレス太字チョーク 10本入(コーティング無) DK-10-W ×5 セット

朝倉が寿人の勝負手をつぶしてオーラス親番を迎える。

南3局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA
南3局 朝倉 發・赤 2000 ©ABEMA

南4局、朝倉が

で先制リーチ。しかし朝倉のリーチ後、一時はまわった寿人だったがを使い切ってテンパイし、待ちで追いかけリーチ。
南4局 朝倉リーチ ©ABEMA
南4局 寿人リーチ ©ABEMA

すると萩原もテンパイするが、出ていく索子はどちらにも通っていない。

しかし、ドラドラの打点もある手牌。ここが

を切ってリーチに出たがこれが。寿人への放銃となった。
南4局 萩原リーチ宣言 ©ABEMA

は裏ドラで跳満のアガリになり、タキヒサで連勝。チームはトータル4位から2位へとランクアップした。
南4局 寿人 リーチ・一発・タンヤオ・裏ドラ2・赤 12000 ©ABEMA
第2試合トップの寿人 ©ABEMA

第2試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+60.3
2位 瑠美(風林火山)+12.2
3位 朝倉(Pirates)▲19.3
4位 萩原(雷電)▲53.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月4日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(滝沢1着・寿人1着)+142.9
風林火山(亜樹2着・瑠美2着)+9.9
Pirates(石橋4着・朝倉3着)▲73.5
雷電(本田3着・萩原4着)▲79.3

タキヒサVSルミアキが話題の一日だったが、結果はタキヒサ連勝、ルミアキ連続2着という結果となった。Pirates、雷電は一矢報いたいところだったが厳しい展開を制することができずに苦しい一日となった。

風林火山、麻雀格闘倶楽部は最初の20戦を上々の結果でクリア、セミファイナル進出に向けて視界は良好だ。

11月4日終了時点のチームランキング ©ABEMA
11月5日の対局チーム ©ABEMA
11月4日終了時点の個人ランキング

関連ページ

前後の記事

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

改良版!! ジャンプ踏み板(台座なし) 36枚セット(踏み板サイズφ19cm) 捕獲器、アニマルトラップ

改良版!! ジャンプ踏み板(台座なし) 36枚セット(踏み板サイズφ19cm) 捕獲器、アニマルトラップ

エイト 六角棒スパナ エキストラロング セット LHS−9 1セット (メーカー直送)
プリウスモデリスタドアハンドルガーニッシュ
ASTORIA.NEXTMOVE.IT RSS